Skip Navigation Linksdefault

What is 自問研 ?

自動車産業に関わる企業の、「より賢い本社・技術屋」と「より強い現場」を育てることで、

「地球の一部としてのヒト社会の健全で持続的な成長」と「明るい日本の未来実現」を目指す、

「今の自分にまだまだ満足していない人」の集まる相互研鑽と協力関係づくりの場

「人と環境と自動車の調和した進化への日本自動車産業の貢献」をリードする人づくりの会

 
 
会長からのご案内 
藤本.JPG
 東京大学大学院経済学研究科教授
東京大学ものづくり経営研究センター センター長 藤本 隆宏
 
 
自動車問題研究会は、自動車および自動車産業を取り巻く様々な問題・課題について広い視野に立って勉強し、お互いの交流を図ることを目的とした任意団体です。
  1970年、当時の日本自動車工業会に出入りをしていた自動車メーカーの広報担当者有志や自動車産業研究者が、会社を超えた知識共有の場としてこの会を作りました。その後、関連産業の企業関係者や、アナリスト、学者などに会員の輪が広がり、会員数は現在、法人と個人を併せて100人を超えます。
  会員の出身組織の構成は主要自動車メーカー、サプライヤー各社、銀行、証券、調査会社、大学、研究機関などで、特に若手メンバーにとっては、貴重な交流の場ともなっています。
  全国組織で、東京の本部に加えて、関西、東海にも支部があり、それぞれ月例会や総会、懇親会を開催し、また、年に一回、共同で工場見学や新車試乗会を実施しています(月例会の最近のテーマと講師は「活動報告」のページをご覧下さい)。
  私(藤本隆宏)は、初代宮本晃男会長、第2代下川浩一会長の後任として、2010年度から会長を拝命しました。自由闊達な自動車問題研究会の基本精神を守りつつ、そのさらなる発展に、微力ながら努力したいと考えます。
  自動車産業を取り巻く環境は刻々と変化していますが、こうした研究会にご興味のある方の参加を大歓迎いたします。